ニュージーランドの仕事② カバーレターとCVの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドで仕事に応募するときには、CV(Curricullum Vitae:履歴書)が必要になります。日本人が日本人経営のお店に応募する場合や、アルバイトや短期間の仕事に応募する場合、CVだけで済むことが多いのですが、現地の企業や施設、正社員に応募する場合、CVと一緒にカバーレター(Cover letter)を同時に出してくださいということが多くあります。

カバーレターとCV、就職活動においてどちらも重要な文書なので、ぜひ書き方をマスターしておきましょう。


カバーレターの書き方

まず、カバーレターとはCVと同時に送る自己アピール状(挨拶状)のようなもので、志望動機や自己PRなど、職歴以外のアピールポイントはここに記載します。CVより先に読まれるケースが多いですので、CVを引き立たせる、CVに目を通してもらうための重要な役割を持っているといっても間違いではないです。

決まった形式というのはありませんが、カバーレターを書く上で気をつけることがいくつかあります。

ーA4サイズ1枚にまとめる

ーシンプルかつポイントを押さえた内容にする(複雑な表現はNG)

ースペルミス

カバーレターは自分が応募する職場の担当者への最初の挨拶になるわけですから、とにかくマイナスの印象になるような文面は避けましょう。簡単な自己紹介、学歴、職歴、仕事への志望動機は明確にし、仕事と関係している特技、技術や資格があれば付け足しておきましょう。

長い文、遠回しの言い方をせず、シンプルにはっきり書き、誤字脱字がないように気をつけて書きましょう。とくに日本人は「シンプル、はっきり」というのが苦手で、回りくどい表現になりがちですので、ご注意を。 


CVの書き方

CVは日本でいう履歴書ですが、日本の履歴書のように、写真を貼って、決められた蘭を埋めるというものではありません。決まった書き方、フォーマットもないので、自分でレイアウトを作りわかりやすく見やすくまとめます。

カバーレターに続き、CVはインタビュー(面接)に呼ばれるか否かの最初の分岐点であり、書き方によって自分の将来が大きく左右されます。カバーレターと同様、重要事項はずさないよう、長すぎず短すぎないように簡潔明瞭にポイントを抑えた見やすい文書にまとめることが重要です。

そしてまず、手書きしないこと。日本の履歴書はいまも手書きが主流ですね。日本人の感覚では「心のこもった」手書きが読み手への印象をアップさせる、と思いがちですが、欧米社会では手書き文書はアンプロフェッショナルな印象を与えます。PCでタイプしてください。

CVには、自分の履歴、職務経歴を簡潔に記載すること。そして、応募する仕事に対して、自分がどれだけフィットする人物であるかをアピールすることを頭にいれて書いてください。

自分にはどういう能力、スキルがあって、これだけの実績があります!ということを的確に記載することが必要です。複数の会社に応募する場合も、同じCVを送るのではなく、それぞれにあったCVにカスタマイズしてください。

求人求職サイトseekcareersnzにもCVの書き方のコツみたいなのが載っていますので、参考にしてみてください。また学校でもカバーレター、 CVの書き方を教えてくれるところもあるので、身近なネイティヴに教わったり、作成した文書をチェックしてもらうのも良い方法だと思います。

おすすめ記事

  1. そもそもなぜニュージーランドなのか?(1/2)

    日本人にとってメジャーな海外旅行の目的地といえば、定番のハワイ、近場のソウル、最近の流行りで言えば台…
  2. 日本の富士山

    海外在住の日本人にとって、たまに戻る日本は天国のようにうつるという事実

    日本の素晴らしさは海外で暮らしてみてはじめてわかります。24時間営業のコンビニや安くてうまいランチを…
  3. 1万ドルは覚悟!ニュージーランド永住権にかかる費用

    ニュージーランドの永住権を目指している人のために、永住権申請費用をまとめておく。 周知の通り、…

ピックアップ記事

  1. 「不運にも日本に生まれ落ちてしまった」というべき人がいる。生まれつきの性格が日本社会の特性に合わない…
  2. こちらの記事(クイーンズタウンで日本人観光客に売れた人気のアクティビティーTOP5)で、クインーンズ…
  3. 国民年金
    前の記事:ニュージーランド移住前に少し考えるべき社会保険のこと。-健康保険編- 前回からの続き…
  4. 「ニュージーランドのワーホリはつまらない」という人はたくさんいます。ニュージーランドはいちおう先進国…
  5. 「海外に住んでみたい!」という夢を簡単に叶えてくれるワーキングホリデービザ。30歳以下の人なら誰でも…

話題をチェック

  1. 前の記事:ワーホリの先にあるもの(1/2) 「この先、自分はどこに住みたいか? 海外か日本か?」 …
  2. 基本的にワーホリは1つの国で1年間。国によっては2年間に延長も可能で、ワーホリをハシゴすれば数年間は…
  3. ワーホリでも移住でもいいのですが、ニュージーランドに行くならば、はじめからオークランドに入って住み始…
ページ上部へ戻る