ニュージーランドの仕事③ 応募から採用までの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドで仕事探し(Job Hunting)をする方のために、応募から採用までの流れを書いておきたいと思います。

もちろん、応募する仕事のポジションやレベル、会社によっても採用の流れは違うのですが、一般的に次のような流れで選考が進んでいきます。

《募集開始》

地方紙や情報誌、ネットで「Recruitment」「Job」「Hiring」 などを探してください。多くの募集では仕事の募集を出すときに○月○日までに、郵送または担当者まで直接メールにて書類を送ってくださいと指示があります。

仕事の探し方:ニュージーランドの仕事① 仕事の探し方

《応募》

自分が興味がある仕事見つけたら、雇用主(企業、個人事業主)にCVとカバーレターを送る。見つけたらすぐ送りましょう!

この人はすごく興味がある!締め切り前にスタッフがどうしても欲しい!という場合は、締め切り前に担当者から連絡がある場合もありますので、締め切りまでまだあるから大丈夫と油断せず、急ぎましょう!

カバーレターとCVの書き方:ニュージーランドの仕事② カバーレターとCVの書き方

《書類選考》

採用する側がCVとカバーレターをもとに面接に呼ぶ人を選考します。

《面接の調整》

雇用主は面接(Interview)に来て欲しい人に連絡をとります。この時点で選考から漏れてしまった人には、手紙またはメールにて知らせが来ます。もしくは何も連絡をしてこないこともあるので、その場合に問い合わせするかは自分次第です。待ちぼうけになることもあるので注意!

《1次面接》

採用担当者またはHR(人事部:Human Resources)とのインタビュー。面接の回数は雇用主によりますので、1回で終わることもあります。

《2次面接》

さらに選抜(Short-lisiting)されたのち、2次面接になります。組織規模が大きいほどシステマチックで、面接回数も多くなるのは日本と同じですね。

《経歴照会》

採用する側がほぼ採用する人を決めたら、最終段階でその人の経歴照会(Reference check)をします。

どういう風に照会するかというと、採用企業が求職者の前職(現職)の同僚や上司に連絡をとり、求職者の経歴、仕事ぶり、人柄などを確認します。日本ではあり得ないですが、欧米社会では一般的です。シビアでフェアですねー。書類や面接だけでは、いくらでも経歴を作り上げることができてしまいますからね。

すべての雇用主が、この Reference check をするわけではありませんが、現地企業であればするのが通例です。

《採用》

多くの場合は、口頭で Job offer(採用の意思) を言い渡されます。その後、契約書を渡される(送られてくる)ので、契約書が手元に届いたら最初から最後までよく読み、自分の雇用形態を把握しましょう。理解できないことあれば、契約書にサインする前に採用担当者に必ず連絡し質問しましょう。

日本では雇用契約書なんて形式的な紙切れで、大して読まずにサインして当然の書類ですが、契約社会の欧米では「契約書がすべて」です。うやむやにしてはいけません。海外生活でこの感覚はかなり大事ですね。

《仕事の開始》

仕事が始まれば、あとは自分次第です。初めのうちは Training Buddy(指導員?)みたいな人がそばで色々と教えてくれるかもしれませんが、職場に馴染めるか馴染めないか、ステップアップできるかできないかというところは、結局自分の姿勢と力量しだいです。がんばってください。

ここで書いた採用の流れは、あくまで一般的なものですので、ここに書いた限りではありあせん。レストランや飲食店などのサービス業では、面接にいったその日に働いてきた、なんて人もいますし、逆に応募から採用まで数ヶ月かかることもあります。

おすすめ記事

  1. シェフで永住権

    ニュージーランド永住権につながる職業、シェフで永住権の可能性

    ニュージーランドで多くの日本人が永住権を取るために目指す職業がある、それがシェフだ。今まさにニュージ…
  2. 働く女性

    働き女子はニュージーランドへ!ニュージーランドが「女性が活躍できる国」は本当か?

    社会の授業で習ったように、1893年世界で初めて女性の参政権を認めたのがニュージーランド。今もなお、…
  3. ニュージーランド不足職業リスト

    【2017年最新版】ニュージーランド不足職業リスト(日本語版)ー 永住権を目指す人は要チェック

    ニュージーランドの永住権を目指す上で最も重要なのが自分の職業である。ニュージーランドで不足している分…

ピックアップ記事

  1. 「海外に住んでみたい!」という夢を簡単に叶えてくれるワーキングホリデービザ。30歳以下の人なら誰でも…
  2. こちらの記事(クイーンズタウンで日本人観光客に売れた人気のアクティビティーTOP5)で、クインーンズ…
  3. ブラック戦士
    ラグビーのニュージーランド代表オールブラックスといえばハカ。ハカはニュージーランドの先住民マオリ族の…
  4. 当然ですが、海外で生活をするためには英語を話さなくてはいけません。 でも、いったい自分がどれくらい…
  5. 国民年金
    前の記事:ニュージーランド移住前に少し考えるべき社会保険のこと。-健康保険編- 前回からの続き…

話題をチェック

  1. 前の記事:そもそもなぜニュージーランドなのか?(1/2) ー いい加減さに救われる でも、こ…
  2. さて、前の記事(アオラキ/マウント・クック国立公園には何がある!?ー観光編ー)でご紹介したように夏に…
  3. 「登山大国」日本。登山人口が1000万人近くいるのだそうです。日本人は山を歩くのが好きなんですね。年…
ページ上部へ戻る