ニュージーランドの永住権を持つことの3つのメリット(2/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の続きです。

ニュージーランドの永住権を持つことのメリット、
1つめは「永遠の永住権」を手に入れられること
2つめはニュージーランド人とほぼ同等の権利をえることができる

でした。

では最後の3つめは。

 

3.将来の選択肢

ニュージーランドの永住権を持っていることの最大のメリット。それは、将来の選択肢が増えるということです。

ピンときていないかもしれませんね。
簡単に言うと、日本からいつでも脱出してニュージーランドに拠点を移すことができるし、逆に日本にいつでも戻ってこれる。これは先述した通り、ニュージーランドの永住権は「いつでも出入りできる永住権」だからこその話です。

このメリットは、日本でずっと暮らしてきた人には理解しづらいかもしれません。でも未来のことを考えると、これはとっても重要な意味を持ちます。

現時点では、日本は豊かで平和、生活水準が高く住みやすい国です。それを何十年も続けてきた。でも、これが今後も続くという保証はどこにもない。少なくとも人口減少&高齢化社会による経済力の減衰は明白で、現に今の30、40代の人達は、自分たちの将来、日本の将来に漠然とした不安を感じている人が多くいるのではないでしょうか。

今後も戦争と無縁の国のままで居続けられるだろうか?
自分の老後の年金は保証されるだろうか?
ところで誰も言わなくなったけど放射能汚染ってどうなってるの?

不安は尽きません。

また、世間体、勤勉性、縦社会を過度に重んじる日本という国は、一部のグループを除いて、歳を重ねれば重ねるほど住みづらくなる仕組みになっています。責任や負担ばかりが重くなり就ける仕事も限られてくる。

日本で様々なしがらみでがんじがらめになったとき、ここで暮らさなくてもいいという選択肢が自分の中にあれば、心に余裕が持つことができ、未来が明るくなります。

また逆に、海外から帰国して日本で暮らすという選択肢をとることもできます。

「子供に日本の教育を受けさせたいから」
「介護もあるし、年老いた親としばらく一緒に暮らしたいから」
「日本でもう一度今のうちに挑戦したいことがあるから」

そう言って日本に戻り、今日本で生活している永住権保持者の友人達もいます。彼らには将来またニュージーランドに戻れるという選択肢も残っています。

つまり、永住権は、将来の保険になり得るということ。永住権によってリスクコントロールができるようになるということです。
永住権があれば、各ライフステージに合わせて、その都度日本とニュージーランド、住む場所を選択でき、それぞれが持つ良い側面を、自分達の状況に合わせて活用できるのです。

いかがでしょう?ニュージーランド永住権のメリット、理解していただけたでしょうか?
ここまでこの記事を読まれた皆さんも、今少しだけ時間をとって、将来のために今の生活を考えてみてはいかがでしょうか。

ニュージーランド永住権取得には英語力が不可欠。ネイティブから学ぶ「使える英語」を身につけよう。クオリティの高さは折り紙つき。

English Grammar in Use
評価が気になる人はこちら。
【英語習得のバイブル】世界中の学生が使う英語学習のベストセラー参考書

おすすめ記事

  1. シェフで永住権

    ニュージーランド永住権につながる職業、シェフで永住権の可能性

    ニュージーランドで多くの日本人が永住権を取るために目指す職業がある、それがシェフだ。今まさにニュージ…
  2. 海外移住、海外で働くために!英語を勉強する前に絶対読んでおくべき本

    海外移住するなら、英語は勉強しなくてはいけない。しかし、「英語をやらなくては!」ではきっと英語は上達…
  3. オーストラリア・シドニー

    いまや日本人だけではない。ついにオージーまでもニュージーランド移住に本腰を入れ始めた!?

    つい数年前まで、ニュージーランド人がよりよい暮らしを求めてオーストラリアに移り住むというのが、ニュー…

ピックアップ記事

  1. 「海外に住んでみたい!」という夢を簡単に叶えてくれるワーキングホリデービザ。30歳以下の人なら誰でも…
  2. 人生の探しもの
    「探しものは何ですか♪」「見つけにくいものですか♪」。人生において、何かを見つけることよりも、実は何…
  3. ブラック戦士
    ラグビーのニュージーランド代表オールブラックスといえばハカ。ハカはニュージーランドの先住民マオリ族の…
  4. 当然ですが、海外で生活をするためには英語を話さなくてはいけません。 でも、いったい自分がどれくらい…
  5. ニュージーランドで仕事探し(Job Hunting)をする方のために、応募から採用までの流れを書いて…

話題をチェック

  1. 前の記事:ワーホリの先にあるもの(1/2) 「この先、自分はどこに住みたいか? 海外か日本か?」 …
  2. あなたが日本からニュージーランドにいく場合、利用する可能性の高い航空会社は、 カンタス航…
  3. 「登山大国」日本。登山人口が1000万人近くいるのだそうです。日本人は山を歩くのが好きなんですね。年…
ページ上部へ戻る