年収400万稼げるか!?ニュージーランド移住後のリアルな収入と生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドの平均年収は400万円程度だが、異国から移住してきた移民の収入は少し事情が違う。物価上昇が続くニュージーランドでの生活費は何もしなくても年々かさむ一方である。そのため、入ってくる方を増やすことを考えなくてはいけないのだが、移民というディスアドバンテージをカバーして並の生活に近づくことは、なかなかに難しいのが現実である。

 

ニュージーランドの平均年収

まず全体像を見ておこう。

ニュージーランドの全職種の平均年収は$51,000である。
(フルタイム雇用の労働者の平均でありパートタイムは含まれない。)

$51,000は日本円にすれば、約400万円(以下全て、1NZ$=80円で計算)。年収400万、日本の平均と同程度である。悪くない。

この数字は週給でいえば、$989、時給でいえば、$24.8(1,984円)となる。まずはこの数字を覚えておいてもらいたい。

ニュージーランドではあらゆる物事が週単位で進むので、収入も支出も週単位の計算が多い。給料も1週(weekly)または2週単位(fortnightly)で振り込まれることがほとんど。

 

ニュージーランドの最低賃金

では、次に最低賃金も見ておこう。(以下の数字は全て2016年5月現在のもの)

ニュージーランドの最低賃金は$15.25(1220円)である。
最低賃金とは、どんな仕事をしても(16歳以上)この時給を下回ることはないという金額。ちなみに日本でも都道府県単位で最低賃金は設定されていて、最も高い東京でも907円である。

上の通り、最低賃金だけを見ればニュージーランドの方が庶民の生活が保証されているかのように映ってしまうが、実際はそう単純ではない。

ニュージーランドは日本に比べ、あらゆるモノのチョイスが少ないため、高いものを買わざるを得ない生活を強いられ、足で稼いで安いものを選んで買うということが難しい。要するに出費がかさむ。

ただ、$15.25という高い水準で最低賃金が設定されていることも事実である。

 

移民のリアルな収入と仕事

はじめに述べたニュージーランドの平均年収を見て、「自分もニュージーランドで働けば$50,000(400万円)程度の年収になるのか」と皮算用するのは危険である。

なぜなら英語圏以外の異国から来た移民のほとんどは、平均年収を稼ぐための平均的な能力を持ち合わせていない。特に日本人は英語に対する苦手意識が強いため、よりハードルが高い。

時給で話をすると、先述の通りニュージーランドの平均時給は$24.8だが、日本人移民の平均時給というものを算出できるならば、確実に$20以下の数字になるだろう。

以下に日本人が就く主な職業を挙げてみるが、これらの職業の時給は、最低賃金+$2、3の範囲におさまるものばかりである。

ショップ・スーパーの店員
カフェ・レストラン・バーのフロアスタッフ
キッチンハンド
シェフ
バリスタ
ベイカー
ハウスキーピング
ツアーガイド
清掃員
事務スタッフ など

これらの仕事の中でも、長年勤めタイトルが付けば$20に迫る可能性もあるが、$24.8には遠く及ばない。そして、80%程度以上の人はこの賃金帯域の職に就いているのが現実だろう。統計はないのであくまで推測だが、それほど外れてもいないなずである。

時給$15.25の年収は$31,720(253万円)。
時給$20の年収は$41,600(333万円)となる。

特殊な専門技能とキャリアがなければ、いわゆるホワイトカラーの職を得るのは難しいため、だいたいニュージーランドでの収入はこの間で計算しておくのが現実的だ。

ただし、以下2点は補足として書き添えておきたい。
 
●サービス残業は皆無なので、年収は純粋に1日8時間週5日勤務の数字であると考えて良い
●ニュージーランドでは1年間働けば4週間の有給が必ず消化できるので、実質は約11ヶ月の労働に対する年収と考えて正しい。(消化できない有給は雇用主が買い取る)

ここまで見たように、物価が高く、最低賃金付近での生活を想定しなくてはいけないニュージーランドの生活は相当に厳しく、重苦しく映る。

ワークライフバランスを重視するニュージーランドでの生活を、年収という側面だけで良し悪しを論じることはできないが、現実は現実として理解しておいたほうがよいだろう。

おすすめ記事

  1. ニュージーランド不足職業リスト

    【2017年最新版】ニュージーランド不足職業リスト(日本語版)ー 永住権を目指す人は要チェック

    ニュージーランドの永住権を目指す上で最も重要なのが自分の職業である。ニュージーランドで不足している分…
  2. 働く女性

    働き女子はニュージーランドへ!ニュージーランドが「女性が活躍できる国」は本当か?

    社会の授業で習ったように、1893年世界で初めて女性の参政権を認めたのがニュージーランド。今もなお、…
  3. オーストラリア・シドニー

    いまや日本人だけではない。ついにオージーまでもニュージーランド移住に本腰を入れ始めた!?

    つい数年前まで、ニュージーランド人がよりよい暮らしを求めてオーストラリアに移り住むというのが、ニュー…

ピックアップ記事

  1. 人生の探しもの
    「探しものは何ですか♪」「見つけにくいものですか♪」。人生において、何かを見つけることよりも、実は何…
  2. 国民年金
    前の記事:ニュージーランド移住前に少し考えるべき社会保険のこと。-健康保険編- 前回からの続き…
  3. 「不運にも日本に生まれ落ちてしまった」というべき人がいる。生まれつきの性格が日本社会の特性に合わない…
  4. アオラキ/マウント・クック国立公園には、初心者向けから本格登山者向けまでたくさんのウォーキング、トレ…
  5. オーストラリア エアーズロック
    昨日の記事で、オーストラリアからニュージーランドへ移住する人の数が増加しているとGuardianが報…

話題をチェック

  1. ワーホリでも移住でもいいのですが、ニュージーランドに行くならば、はじめからオークランドに入って住み始…
  2. ワーホリや海外移住を目指す人の共通の悩みの種は、英語ですね。読み書きは後回しでも、まずは聞いて話せな…
  3. あなたが日本からニュージーランドにいく場合、利用する可能性の高い航空会社は、 カンタス航…
ページ上部へ戻る