まずオークランドっ!じゃなくて地方都市から(1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーホリでも移住でもいいのですが、ニュージーランドに行くならば、はじめからオークランドに入って住み始めて、その後もずっとオークランドってのは少し寂しいです。なぜなら、オークランドだけでニュージーランドの醍醐味を100%味わうのは難しいから。できれば、まずは地方都市から入ってみてほしい。

決して、「オークランドが嫌い」という記事ではありません。予め断っておきます。(ニュージーランドに住む大半の日本人を敵にまわすことになりますしね。)


ー 便利で住みやすいオークランド

言わずと知れたニュージーランド最大都市オークランド。人口約150万人で、ニュージーランド人口の3分の1以上を抱える国際都市です。特に2011年のクライストチャーチ地震以降、オークランドへの人口流入は増加の一途で、それに伴い不動産価格も急上昇中。今まさに、バブルの中にあると言われています。

またオークランドは移民の街でもあり、オークランドに住むアジア人人口は20万人以上、日本人だけでも7000人以上と言われます。これだけ日本人がいれば、マーケットとしてそれなりに成り立つわけで、和食レストランや日本食スーパーはじめ、日本人相手のガレージ(車修理)や美容院、留学エージェントもあります。需要もあれば、供給(仕事)もあるってことですね。

つまりは便利で住みやすいんです、オークランド、はい。

日本人は、日々ピザとフィッシュ&チップスとマクドナルドのヘビーローテンションじゃ耐えられないし、車や家のメンテナンスを頼むときも、笑顔とフレンドリーさは一級だけど常に技量に不安がつきまとうキィウィ経営のローカルの店はちょっと避けたい。。。

だから、海外に住みつつも日本食が食べたいときはいつでも食べれて、繊細で丁寧なゆきとどいた日本人のサービスを受けれる店があるってのは、日本人にとってはすごく助かるんですね。いざとなれば日本語が使えるという安心もある。

でもね、みんながみんな口を揃えて「オークランド」では、ちょっとつまらなくないですか?

Sunset-At-Viaduct-Harbour_75738s


ー 南島はどうか?

では、例えば南島はどうでしょうか?

ニュージーランドの南島は、ニュージーランド人でも「Pig Farm」とバカにする人がいるくらい、まぁ田舎です。それなりに名のある町でも、20、30分歩き回れば、十分中心街を見て回れる街がほとんど。南島で都会的な魅力を求めるのはナンセンスです。

少し車を走らせれば、緑の丘に羊の群れがいて遠くに雪山を望む、いわゆるニュージーランド「らしい」風景が一面に広がります。特に雪山と美しい湖達のコンビネーションが生み出す景観はお見事の一言。年間200万人もの観光客がニュージーランドに来る理由のほとんどは、この景色が目的ですからね。

観光なら南島を外すのは「あり得ない」ですが、ワーホリや移住でも、少なからずこの「らしさ」を求めてニュージーランドを選んだ人は、一度は南島に住むべきだと思います。毎日、自然に囲まれて有閑のときを過ごす生活は、やはりpricelessですよ。

ただし、生活面はある程度妥協しなくてはいけないでしょう。日本食材もバラエティーに乏しくそれでいて高い。街に日本的なサービスも見当たらないし、日本人が必要とされる仕事も限られます。たまに行くオークランドが天国に感じられることでしょう。

でも、せっかく日本から出たのなら、一度は不便さの中でしばらく暮らしてみてほしいです。英語圏の海外生活を検討したときに、アメリカ、イギリス、そしてオーストラリアを押しのけて、ニュージーランドを選んでるわけですからね。

海外のリトルアジアに住みたければ、同じオセアニアのシドニーの方がオークランドよりよっぽど規模が大きいですよ。

queenstown-278684_1280

 続きの記事:まずオークランドっ!じゃなくて地方都市から(2/2)

おすすめ記事

  1. 働く女性

    働き女子はニュージーランドへ!ニュージーランドが「女性が活躍できる国」は本当か?

    社会の授業で習ったように、1893年世界で初めて女性の参政権を認めたのがニュージーランド。今もなお、…
  2. オーストラリア・シドニー

    いまや日本人だけではない。ついにオージーまでもニュージーランド移住に本腰を入れ始めた!?

    つい数年前まで、ニュージーランド人がよりよい暮らしを求めてオーストラリアに移り住むというのが、ニュー…
  3. 日本の富士山

    海外在住の日本人にとって、たまに戻る日本は天国のようにうつるという事実

    日本の素晴らしさは海外で暮らしてみてはじめてわかります。24時間営業のコンビニや安くてうまいランチを…

ピックアップ記事

  1. 「海外に住んでみたい!」という夢を簡単に叶えてくれるワーキングホリデービザ。30歳以下の人なら誰でも…
  2. 前の記事:なぜニュージーランドなのか? ー自然編ー(1/2) ー ニュージーランドの自然 ニ…
  3. 人生の探しもの
    「探しものは何ですか♪」「見つけにくいものですか♪」。人生において、何かを見つけることよりも、実は何…
  4. オーストラリア エアーズロック
    昨日の記事で、オーストラリアからニュージーランドへ移住する人の数が増加しているとGuardianが報…
  5. こちらの記事(クイーンズタウンで日本人観光客に売れた人気のアクティビティーTOP5)で、クインーンズ…

話題をチェック

  1. さて、マウント・クックシリーズ最後の記事になります。 アオラキ/マウント・クック国立公園には何…
  2. ワーホリや海外移住を目指す人の共通の悩みの種は、英語ですね。読み書きは後回しでも、まずは聞いて話せな…
  3. あなたが日本からニュージーランドにいく場合、利用する可能性の高い航空会社は、 カンタス航…
ページ上部へ戻る