アオラキ/マウント・クック国立公園には何がある!? ー山歩き編ー

アオラキ/マウント・クック国立公園には、初心者向けから本格登山者向けまでたくさんのウォーキング、トレッキングコースがあります。こちらの記事(アオラキ/マウント・クック国立公園には何がある!? ー観光編ー)でも書いたように、ここには大自然しかありませんので、やることは一つ。山歩き。

今回は、アオラキ/マウント・クック国立公園にあるおすすめのトレッキングコースをご紹介します。ニュージーランドでは、トランピングともいいます。


メジャーなトレッキングコース

まず、アオラキ/マウント・クック国立公園に行ったなら、誰もが歩くのがこちらのトレッキングコース。

フッカーバレー・トラック
レッドターンズ・トラック
シアリーターンズ・トラック

個人でも歩けるし、ガイドツアーもあります。

しかし、これら3つのコースはあまりにも有名なので、ここで改めて詳しく書く必要もないかと思います。ググってもらえれば、写真付きでコース紹介してくれているサイトがいくらでも出てきますので、そちらにお任せします。

アオラキ/マウント・クック国立公園の日本語ガイド付きトレッキングガイドチームのFBページがありますので、こちらをご紹介しておきます。マウント・クック周辺のトレッキングコース最新情報が満載です。

Aoraki/Mt.Cook Trekking Guides Facebookページ

一応この3つのコースのさわりだけ説明しておくと、この中で最もポピュラーなのがフッカーバレー・トラック。ツアーでいけばだいたい組み込まれています。多少のアップダウンはありますが、山は登りませんので初心者でも問題ないです。

次が、マウントクックの対面の山肌を登っていくレッドターンズ・トラック。マウントクックからは離れていきますが、国立公園内を見渡すには最適です。ゴールには赤い池(レッドターンズ)が待っています。

シアリーターンズ・トラックは少しレベルがあがるのですが、どんどん氷河に向かって登っていく高揚感と、ゴールから眺める最上の景色は圧巻です。ゴールのベンチでゆっくりマウントクックの姿を堪能して下さい。(見えてれば)


さらに、上へ

一般的な3コースをはしょって紹介してしまったので、ちょい上級者向けのコースについて、がんばって書いてみます。

上で紹介した3つのコースは、誰でもいけるコースなのだけに、健脚自慢の方にとってはやや物足りなさを感じることでしょう。もうちょっとレベルの高いコースに挑戦したいけど、特別な装備を持つまでは行きたくない、そんな方にご紹介したいのが、

セバストポール・ルート
ミューラー・ルート

正確な区分はわからないのですが、「ルート」と書いておきます。「トラック」ではなく、「ルート」と書くと多少険しいニュアンスが入ってきます。「トラック」はコースが丁寧に整備されているので迷うことはないですが、「ルート」では明確な道がなかったり、ケルン(石を積んで作って目標)だけを頼りに歩くことになります。

ページ:

1

2

おすすめ記事

  1. 1万ドルは覚悟!ニュージーランド永住権にかかる費用

    ニュージーランドの永住権を目指している人のために、永住権申請費用をまとめておく。 周知の通り、…
  2. アオラキ/マウント・クック国立公園には何がある!? ー山歩き編ー

    アオラキ/マウント・クック国立公園には、初心者向けから本格登山者向けまでたくさんのウォーキング、トレ…
  3. 海外移住、海外で働くために!英語を勉強する前に絶対読んでおくべき本

    海外移住するなら、英語は勉強しなくてはいけない。しかし、「英語をやらなくては!」ではきっと英語は上達…

ピックアップ記事

  1. 当然ですが、海外で生活をするためには英語を話さなくてはいけません。 でも、いったい自分がどれくらい…
  2. 「ニュージーランドのワーホリはつまらない」という人はたくさんいます。ニュージーランドはいちおう先進国…
  3. 人生の探しもの
    「探しものは何ですか♪」「見つけにくいものですか♪」。人生において、何かを見つけることよりも、実は何…
  4. 「不運にも日本に生まれ落ちてしまった」というべき人がいる。生まれつきの性格が日本…
  5. これからニュージーランドに移住して生活することを考えている人にとっては、残念なニュースです。 …

話題をチェック

  1. さて、マウント・クックシリーズ最後の記事になります。 アオラキ/マウント・クック国立公園には何…
  2. クイーンズタウンといえばアクティビティー、アクティビティーといえばクイーンズタウン。 クイーンズタ…
  3. 「登山大国」日本。登山人口が1000万人近くいるのだそうです。日本人は山を歩くのが好きなんですね。年…
ページ上部へ戻る