検索キーワードから見るニュージーランド。ニュージーランドはそんなにつまらない?

このサイトの中の人として、SEOの一環でこのサイトの検索キーワードなんぞをチェックしたりするのですが、これがときに興味深い議題を提供してくれます。

その検索キーワードの一部をご紹介させていただきます。

まず多いのが仕事や生活費、永住権に関するキーワードです。例えば、

「nz cv カバーレター」
「ニュージーランド 生活費」
「ビザ 永住権につながる」

みたいなキーワードが上位を占めます。まぁ、妥当なところだと思います。

その他の検索キーワードとしては、「仕事 いいかげん なぜ」なんてのもあります。

うーん、だいぶニュージーランド生活にお悩みのようで。。。

わかります、いいかげんですよね。でも、そのいい加減さがいいときもある(詳しくはこちらの記事:そもそもなぜニュージーランドなのか?(2/2))のですが、頭にくる気持ちはよーくわかります。でも検索しても解決はしないですよ。笑

そして、その他に頻出するキーワードが「つまらない」。いろんな形ででてきます。

「nz つまらない」
「ニュージーランド つまらない」
「nz ワーホリ つまらない」

たしかに、「ニュージーランド つまらない」とググるとウチのサイトが1位に出てきます。検索結果がこの記事(NZワーホリに向く人向かない人)にひっかかるわけなんですが、こんな小さなサイトの検索キーワード上位に位置するってことは、ニュージーランドをつまらないと思っている人がかなりいるってことですよね!?


「つまらない」って色んな人が言ってます!

確かに自分が会った人の中にも、ニュージーランドはつまらないって人はたくさんいました。
日本人だけじゃなくて、ニュージーランド人もそういう人はたくさんいます。特に若い人ですね。20代前半くらい。
要するに外部からの刺激が足りないんですね。これも詳しくはこちらの記事(NZワーホリに向く人向かない人)で書きましたのでここでは省略。

「つまらない」ことについて、有名人からも証言。

若者にとって、ニュージーランドの暮らしは、とにかく暇でつまらない。まるで人生が終わるのを待っているように感じる。バーにも行けないし、ドライブにも行けない。何もできないことにときどき不満を感じる。その代わりに「yay!」というような発散する気持ちを描きたかった。

これは、Lordeというミュージシャンが2013年「Royals」という曲で全米シングルチャート1位を取った時の言葉です(当時16歳)。この曲で第56回グラミー賞で最優秀楽曲賞をとっています。ちなみにタカプナ出身。

やっぱり、ニュージーランドにいる多くの若者は日々つまらないらしい。

 

また自己の経験として、昔同僚のニュージーランド人の若者に
「ニュージーランドの自然ってエキサイティングだよな?」って聞いたら、
「○ucking boring.」って言われたこともありました。彼は続けて、
「休みの日にマック(マクドナルド)いってさー、ハンバーガーにかぶりつくのがすげーエキサイティングなんだよ!」
っていっていました。
ニュージーランドの生活はマックのハンバーガーに負けるようです。

オーストラリアにいる頃も、「ニュージーランドはやることなくてつまらないから行くのはやめたほうがいい」って親切にアドバイスくれる人達もいました。

証拠は十分ですね。つまらないって色んな人が言っています。はい。


ニュージーランドがつまらないと思っている人へ

bench-679064_1280

(ここから文調が少し変わります)

たしかにね、ニュージーランド行って、こんな(↑)景色を毎日ベンチに座って眺めているだけなら、つまらないですよ。最初は綺麗な景色に感動しますけど、毎日みてたら飽きます。(自分的には毎日でも飽きないけど)

でも、そういうことじゃなくて。

日々やることがあるでしょうってことです。
ニュージーランドが何かくれるのを待ってるんじゃなくて、ニュージーランドで自分が何をするかってことです。
そのやることは自分が決めるんです。

それは日本にいてもロンドンにいても同じこと。
自分を楽しくするのは、自分しかいない。

つまらないっと思ってしまうのは、教室の最後尾の席でふんぞり返ってアクビしているからですよ。一番前の席でちゃんと姿勢正して、目の前のことにまっすぐ向き合って突き詰めていけば、その面白みがわかってきますって。

自分から動かないから、つまらないんです。
面白くなってくる前にやめてしまうから、つまらないんです。

Lordeだって、自分で自分をYay!って盛り上げるために「Royals」を書いて歌ったんじゃないんですかね。

日々、自分で決めたやるべきことがあって、それを黙々とこなしていく。仕事があって、家族があって、自分の目標や趣味がある、そんな日常生活をこんな綺麗な景色の中で送れたら、すごくエキサイティングじゃないですかっ!?

個人的にはそう思うんですが、いかがしょうか?


いやいや、少々熱くなってしまいました。汗
お後がよろしいようで。

(こういう記事を書くから、また「つまらない」キーワードでひっかかってしまうんですけどね。)

おすすめ記事

  1. ニュージーランド永住権につながる仕事 -不足職業リストから費用まで-

    ● ニュージーランド不足職業リストを見たい方はこちら > 【2016年最新版】ニュージーラン…
  2. ニュージーランドのリアルな生活費はいかほど?

    ニュージーランドの家賃相場はこちら > 2016年最新版ニュージーランドの物価と生活費 …
  3. 1万ドルは覚悟!ニュージーランド永住権にかかる費用

    ニュージーランドの永住権を目指している人のために、永住権申請費用をまとめておく。 周知の通り、…

ピックアップ記事

  1. 「不運にも日本に生まれ落ちてしまった」というべき人がいる。生まれつきの性格が日本…
  2. オーストラリア エアーズロック
    昨日の記事で、オーストラリアからニュージーランドへ移住する人の数が増加しているとGuardianが報…
  3. 前の記事:なぜニュージーランドなのか? ー自然編ー(1/2) ー ニュージーランドの自然 ニ…
  4. 「海外に住んでみたい!」という夢を簡単に叶えてくれるワーキングホリデービザ。30歳以下の人なら誰でも…
  5. 国民年金
    前の記事:ニュージーランド移住前に少し考えるべき社会保険のこと。-健康保険編- 前回からの続き…

話題をチェック

  1. ニュージーランド移住 医療
    日本の健康保険は海外の治療費にも適用できることはご存じだろうか。ニュージーランドにかかわらず海外渡航…
  2. ニュージーランドで日本人が日本人向けの仕事を探すなら、まずは「NZdaisuki」。ここは外せません…
  3. ワーホリでも移住でもいいのですが、ニュージーランドに行くならば、はじめからオークランドに入って住み始…
ページ上部へ戻る