そもそもなぜニュージーランドなのか?(2/2)

前の記事:そもそもなぜニュージーランドなのか?(1/2)

ー いい加減さに救われる

でも、この緩さが救いになるときもある。

緩さは怠慢さでもあるが、優しさでもある。人間らしさともいえる。

ニュージーランドのいい加減さは日本人を癒すことができる。

一生懸命敷かれたレールの上を歩いてきた日本人はときに疲れる。

レールの上はいつも混雑していて、見える景色もみな同じだし、行き着く先もだいたい想像がつくのだからつまらない。

それに、レールの上にいるうちは周りの目が気になって息苦しい。

息苦しくて我慢できなくなったとき、ニュージーランドのいい加減さが優しく感じる。

世間体なんて気にしなくていい、人と違うことをしてもいいんだと教えてくれているようで。ふっと楽にさせてくれる。心に小さな余裕を与えてくれる。一人ひとり違う個性を持っていて、考え方も答えも違うのだから、それでいいんだと。

心の余裕があれば、一度レールから降りてみることができる。降りて確認してみないと、どちらが自分に合っているかなんてわからないんだし、外から眺めてみないと、そのレールが正しい方向に向かっているのかすらもわからないのである。

ニュージーランドのいい加減さはどう努力しても日本人には習得できない。「適当でいいや」と思っていても、どうしてもキッチリしてしまうのが日本人である。

ただ、このいい加減さを知っておくことが大事なのである。

あなたがニュージーランドに行く機会があるならば、ニュージーランドにいる間は少しくらいいい加減でいい。いや、日本人ならばかなり意識的にいい加減になるくらいでないと足らない。

ただ、この国では笑顔だけは忘れてはいけない。

おすすめ記事

  1. 海外移住、海外で働くために!英語を勉強する前に絶対読んでおくべき本

    海外移住するなら、英語は勉強しなくてはいけない。しかし、「英語をやらなくては!」ではきっと英語は上達…
  2. アオラキ/マウント・クック国立公園には何がある!? ー観光編ー

    ニュージーランドの富士山といえば南島に位置するAoraki Mt.Cook(アオラキ/マウント・…
  3. ニュージーランドの永住権を持つことの3つのメリット(2/2)

    前回の続きです。 前の記事 > ニュージーランドの永住権を持つことの3つのメリット…

ピックアップ記事

  1. ニュージーランドの自然に「ダイナミック」という形容詞は似合わない。 お隣オーストラリアの平面的でだ…
  2. 「不運にも日本に生まれ落ちてしまった」というべき人がいる。生まれつきの性格が日本…
  3. アオラキ/マウント・クック国立公園には、初心者向けから本格登山者向けまでたくさんのウォーキング、トレ…
  4. もうさんざん書き尽くされているけれど、 日本人は英語ができない。そして、海外でもなかなか上達しない…
  5. このサイトの中の人として、SEOの一環でこのサイトの検索キーワードなんぞをチェックしたりするのですが…

話題をチェック

  1. 基本的にワーホリは1つの国で1年間。国によっては2年間に延長も可能で、ワーホリをハシゴすれば数年間は…
  2. ワーホリでも移住でもいいのですが、ニュージーランドに行くならば、はじめからオークランドに入って住み始…
  3. BEST5 現地ツアーガイド 日本人が経営する旅行会社のツアーガイド、またはNZの旅行会社の観光客…
ページ上部へ戻る