いまや日本人だけではない。ついにオージーまでもニュージーランド移住に本腰を入れ始めた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリア・シドニー

つい数年前まで、ニュージーランド人がよりよい暮らしを求めてオーストラリアに移り住むというのが、ニュージーランドでは「よく見る風景」だったのですが、いまやその流れは逆流しているという。ここ20年で初めて、オーストラリアからニュージーランドに流入する人の数が、その逆の数を上回ったと報告された。この流れは今後も続くのか!?


オーストラリアからニュージーランドへ

少し前の記事ですが、英国メディアGurdianの記事です。

More Australians now relocating to New Zealand than the other way round

要約

ニュージーランドからオーストラリアへの人材流出はここ数年で半減しており、ついに2015年4月、オーストラリアからニュージーランドに移り住む人の数がニュージーランドからオーストラリアに移住する人の数を上回った。これは、1991年以来はじめてのこと。

この要因として、オーストラリアの採鉱ブームの終焉と経済成長が鈍化する一方で、ニュージーランド経済は力強い発展を続けていることが背景にあるという。

この記事は少しショッキングというか、いままでは考えられなかった現象なのでちょっと信じ難いです。が、統計ではそうなっているということだそうです。


オーストラリアとニュージーランドの関係

ニュージーランドとオーストラリアだいたい世界中どの地域でも隣国との関係というのは、冷え切っていたり恨みあったりしているところが多いのですが、オーストラリアとニュージーランドで見て見れば「良好」な方でしょう。たまーに、意地の張り合いやいがみ合いはするものの、中東の紛争や東アジアの歴史問題と比べれば可愛いものです。

立ち位置としては、国土が広く人口も多く経済力も強いオーストラリアが兄貴で、ニュージーランドは弟分という感じです。兄貴側にはニュージーランドにはない資源がありマーケットも大きいので、オーストラリアは常にニュージーランドの上位互換的な存在だと思っていました。

ニュージーランド人はオーストラリアで制限なく居住し働くことができます。その逆もしかり。なので、常に経済力が上のオーストラリアにニュージーランド人が移住するというのはすごく一般的で、ニュージーランド国内では有能な人材の流出が深刻な社会問題でした。実際に周りでも「いまの仕事をやめてオーストラリアにいく。だってペイがいいからね!」といって旅立っていく人もよく見かけました。

同じ職業/タイトルでも給料がよく、土日・祝日は給料が1.2~2倍(ニュージーランドでも祝日は1.5倍)。言葉の壁もビザの制限もなく、3時間飛行機でとべば豊かな暮らしが待っていると知れば、軽い気持ちで一度はオーストラリアに行って働いてもいいかなって思います。実際そういうトレンドでした。

でも上の記事によると、「その流れが逆流し得る」のだそうです。

うーん、今後どうなるのか!?


といっても、元ネタは2015年5月の記事なので、この記事の執筆時点(2015年9月)では、少しその後の流れが見えてきつつあります。次回に続きます。

続きの記事はこちら:オージーがニュージーランド移住!?為替相場からみる最近の2国間の力関係

おすすめ記事

  1. ニュージーランド永住権に挑む前に再確認すべきこと、”Skilled Migrant”の意味

    ニュージーランドの永住権を目指す場合、ほとんどの人がSkilled migrant category…
  2. ニュージーランド移住から永住権取得までに不可欠な4つのモノ

    ニュージーランドの永住権は一度取得してしまえば、一生涯ニュージーランドに出入り滞在自由になる為、とて…
  3. なぜニュージーランドの永住権を狙うのか (2/2)

    前の記事:なぜニュージーランドの永住権を狙うのか(1/2) ー ニュージーランドの永住権取得は…

ピックアップ記事

  1. 人生の探しもの
    「探しものは何ですか♪」「見つけにくいものですか♪」。人生において、何かを見つけることよりも、実は何…
  2. これからニュージーランドに移住して生活することを考えている人にとっては、残念なニュースです。 …
  3. このサイトの中の人として、SEOの一環でこのサイトの検索キーワードなんぞをチェックしたりするのですが…
  4. 「海外に住んでみたい!」という夢を簡単に叶えてくれるワーキングホリデービザ。30歳以下の人なら誰でも…
  5. ブラック戦士
    ラグビーのニュージーランド代表オールブラックスといえばハカ。ハカはニュージーランドの先住民マオリ族の…

話題をチェック

  1. 基本的にワーホリは1つの国で1年間。国によっては2年間に延長も可能で、ワーホリをハシゴすれば数年間は…
  2. 海外で生活をするためには英語を話さなくてはいけません。 でも、いったい自分がどれくらいの英会話がで…
  3. BEST5 現地ツアーガイド 日本人が経営する旅行会社のツアーガイド、またはNZの旅行会社の観光客…
ページ上部へ戻る